FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ザ!霊障 第一部 6 →ザ!霊障 第一部 8
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 六趣輪廻
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 夜船閑話
もくじ  3kaku_s_L.png 刹那
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮華国
もくじ  3kaku_s_L.png タナトスの翼
もくじ  3kaku_s_L.png さくら
もくじ  3kaku_s_L.png 聖火
もくじ  3kaku_s_L.png アニマ
もくじ  3kaku_s_L.png 聖~セイント~
もくじ  3kaku_s_L.png 狭間
もくじ  3kaku_s_L.png 完全数
もくじ  3kaku_s_L.png 天女のように
もくじ  3kaku_s_L.png 藍色哀歌
もくじ  3kaku_s_L.png こくはく
もくじ  3kaku_s_L.png 曼荼羅
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png ザ!霊障
  • 【ザ!霊障 第一部 6】へ
  • 【ザ!霊障 第一部 8】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ザ!霊障

ザ!霊障 第一部 7

 ←ザ!霊障 第一部 6 →ザ!霊障 第一部 8
11月18日(金)
「朱鷺は、柚矢がおかしいとは思ってないから」と言ったけど、なんというか、話す相手に理解出来るようにと言葉を選んでいると、どんどん本心とは違う言葉が飛び出してくる、というやっかいな現象に、実はよくはまる。だから、朱鷺は「話す」って行為が苦手だ。
 話している時点ですでに仮面を被っているから。
 誰かがそこにいるだけで、完全装備で鎧に身を固めるから。
 言葉にすると、「朱鷺は、柚矢が明らかにおかしくたって、もしかして現段階では症状が悪化していたって、別に良いのだ」いや、これもすでに違う。別に良いってのは、朱鷺にとっては、ということ。本人の苦しみを良しとしているんじゃなくて、朱鷺に掛かる負荷の話というか、「大変」とか「心配」に代表される嫌悪感に対して言っている。
 そのままの柚矢の姿で良いのだ。元気でいて欲しいとか、幸せでいて欲しいとか、そういうこちらの理想を押し付けるつもりはないという意味だ。今、生きているだけで精一杯なら、それで良い。精一杯生きていて、もうこれ以上何も出来ないなら、それで良い。何かしたいことが見つかったときに手伝うだけ。傍にいて笑わせてみるだけ。
 見守るってことが出来ないニンゲンが世の中多いんだなぁ。
 どうして良いのか分からない。何もしてやれない。と泣かれて、こっちが参る。

 ここ3日間の記録である。
 東京から帰宅した15日、「家の買い手が見つかったから、貸せなくなった」ということにして、柚矢に話しをした。朱鷺だけじゃなくって、祖父母がいて。
「あ、そうなの」
 と立ち竦んだまま答えた柚矢は、そのままぽろぽろと涙を零した。感情の表現が苦手で、言葉で説明することが得意ではなくて、一拍置いて考えてから言葉を選ぶ癖がついている柚矢は、とっさに衝撃を口にすることが出来ない。
「座って、座って」と椅子に座らせ、「大丈夫だから、もっと良いところを探してやるから」と必死に慰める二人を、椅子に座ってしゃくりあげる柚矢を、朱鷺は黙って見ていた。やがて、柚矢は、椅子から崩れ落ちて床に倒れて泣く。必死に言葉を掛け続ける二人の姿に、朱鷺はちょっと感動しながら、僅かに冷めた思いを抱いた。
 二人も一緒になって泣きながら朱鷺に任せて出て行き、朱鷺は柚矢の頭を抱き上げて、ただ抱えていた。しばらく、ただただしゃくり上げて泣いていた柚矢に「俺は良いけど、背中、痛くない?」と聞いたら、やがて身体を起こした。そして、そこにいたハルくんを抱いて撫で始めたので、ソファに座らせたのだ。
 こういうとき、猫の力はすごい。
 柚矢を救ったのは、ハルくんだった。

 翌16日の水曜日。この日は、朱鷺は参加してきた「シンポジウム」のメモをようやくレポートとして文章に起こしたり、東京滞在中の日記的なものを綴ったり、友人の農場のほうれん草の収穫を手伝ったりして過ごした。
 木曜日。この日はお昼からバイトが入っていた。
「あっちから、机とか、とりあえず引き上げてこようか」
 朝、そう声を掛けると、柚矢は小さく頷いた。軽トラックを借りてその家に行き、荷物を片付け始めていると、祖母が車でやって来て手伝ってくれた。午前中、2往復して、荷物をすべて引き払い、軽く箒で掃除をして、そこを永遠に去った。
 もう、生涯、二度とそこを訪れることはないだろう。
 鍵は、祖父母が預かって返してくれた。3日くらい寝泊りしただけ(まだ、荷物を全部移動していなかったため、食事も家でして、お風呂も入ってから寝に行っただけらしい)だったが、1ヶ月分の家賃2万円を置いてきたそうだ。
 ずっと良い関係の親戚だったし、朱鷺にとっては送迎もしていた患者さんだったが、これで関係は終了した。

関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 六趣輪廻
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 夜船閑話
もくじ  3kaku_s_L.png 刹那
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮華国
もくじ  3kaku_s_L.png タナトスの翼
もくじ  3kaku_s_L.png さくら
もくじ  3kaku_s_L.png 聖火
もくじ  3kaku_s_L.png アニマ
もくじ  3kaku_s_L.png 聖~セイント~
もくじ  3kaku_s_L.png 狭間
もくじ  3kaku_s_L.png 完全数
もくじ  3kaku_s_L.png 天女のように
もくじ  3kaku_s_L.png 藍色哀歌
もくじ  3kaku_s_L.png こくはく
もくじ  3kaku_s_L.png 曼荼羅
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png ザ!霊障
  • 【ザ!霊障 第一部 6】へ
  • 【ザ!霊障 第一部 8】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ザ!霊障 第一部 6】へ
  • 【ザ!霊障 第一部 8】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。