FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←完全数 9 エピジェネティクス →【物語(ロマン)を語る♪】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 六趣輪廻
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 夜船閑話
もくじ  3kaku_s_L.png 刹那
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮華国
もくじ  3kaku_s_L.png タナトスの翼
もくじ  3kaku_s_L.png さくら
もくじ  3kaku_s_L.png 聖火
もくじ  3kaku_s_L.png アニマ
もくじ  3kaku_s_L.png 聖~セイント~
もくじ  3kaku_s_L.png 狭間
もくじ  3kaku_s_L.png 完全数
もくじ  3kaku_s_L.png 天女のように
もくじ  3kaku_s_L.png 藍色哀歌
もくじ  3kaku_s_L.png こくはく
もくじ  3kaku_s_L.png 曼荼羅
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png ザ!霊障
  • 【完全数 9 エピジェネティクス】へ
  • 【【物語(ロマン)を語る♪】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

完全数

完全数 10 エピジェネティクス

 ←完全数 9 エピジェネティクス →【物語(ロマン)を語る♪】
 頑なに家を教えず、更に万引き犯にされそうなところを助けてあげたのに、という恩着せがましい言い分を振りかざす女を宥めるのがいたく面倒になって、俺はとりあえず部屋へ引き返した。

「わぁ、ここが栗原くんの家? …っていうか、何? 引越しの最中なの?」

 いつの間にか俺の背後からするりと脇をすり抜けて勝手に部屋に上がりこんだ粟生は、部屋を見回して感嘆の声をあげている。

「いいなぁ、一人暮らし!」
「帰れ」

 粟生の背後に立ち、俺はがっしりと彼女の肩を掴んで、玄関へ押し戻す。

「だから、今晩は泊めて…」
「バカを言うな。俺だって健全な男子だ」
「え、それ、どういう―」
「さっさと帰れ」
「待ってよ」

 必死に扉にしがみ付く粟生を玄関から追い出そうとしていると、恐らく隣の住人だろう、若い女性が俺の部屋の前を怪訝そうな表情を浮かべながらそそくさと通り過ぎていく。思わずそれを二人で見送ってしまい、俺ははっと我に返る。

「おい、お前、初日から俺が誤解されるようなおかしなことをするんじゃねぇ。どうするんだ!」
「え、悪いムシが付かなくって良いことじゃ―」

 どこか嬉しそうにそんなことをほざく粟生に半ば本気でイラついて、俺は彼女をどん、と押し出すと扉を閉めた。

「ちょっと、栗原くん、ひどい!」

 扉をどんどん叩く音がするが、俺はもうキッチンへ戻って買ってきた飲み物を冷蔵庫に入れ始めた。

「栗原くん!」

 粟生はなかなか諦めず、いつまでもドンドン扉を叩いている。

「うるさい、近所迷惑だ!」
「だったら、開けてよ」
「断る」
「あっそう」

 不意に粟生は低い声で言った。

「じゃ、良いよ。どっかその辺でオヤジを引っ掛けてホテルにでも行くから」
「バ…っ」

 バカじゃねぇか? と怒鳴ろうとしたのをかろうじて抑えて、俺は、口を閉じた。

「じゃ~ね、栗原くん」

 すぐに遠ざかる足音が微かに響く。まさかな、と思う。それに俺が知ったことじゃない、と扉に背を向けてみたものの、イライラと気になって結局俺は振り向く。もう、扉の外は無音だ。

「くっそぉぉぉっ」

 靴を半分履いた状態で俺は扉を飛び出す。もう道路に向かっていた粟生の肩を背後からぐい、と掴んだ。

「バカやろう、お前!」
「…栗原くん」
「ちゃんと家に帰れよ? 良いか! 俺はもう―」

 まだ怒鳴り足りなかったのに、粟生はどこか放心したように俺を見上げたかと思うと、俺の胸にわっと顔を埋めて静かに泣き出したのだ。

「…お、おい」俺は慌てた。「どうしたんだよ」そして、周囲を見回して彼女の肩を掴んで引き離す。「俺が泣かせたみたいじゃないか」
「ごめんね」

 尚も顔を伏せたまま粟生はぽろぽろ涙を零している。その涙がなんだかあまりに切なかった。

「いったいどうしたんだよ?」
「ごめん…」
「…と、とにかく、ここじゃ目立つから」

 結局、俺は粟生を追い返すことが出来ずに一緒に部屋に戻ってしまった。


関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 六趣輪廻
もくじ  3kaku_s_L.png 
もくじ  3kaku_s_L.png 夜船閑話
もくじ  3kaku_s_L.png 刹那
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮華国
もくじ  3kaku_s_L.png タナトスの翼
もくじ  3kaku_s_L.png さくら
もくじ  3kaku_s_L.png 聖火
もくじ  3kaku_s_L.png アニマ
もくじ  3kaku_s_L.png 聖~セイント~
もくじ  3kaku_s_L.png 狭間
もくじ  3kaku_s_L.png 完全数
もくじ  3kaku_s_L.png 天女のように
もくじ  3kaku_s_L.png 藍色哀歌
もくじ  3kaku_s_L.png こくはく
もくじ  3kaku_s_L.png 曼荼羅
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png ザ!霊障
  • 【完全数 9 エピジェネティクス】へ
  • 【【物語(ロマン)を語る♪】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【完全数 9 エピジェネティクス】へ
  • 【【物語(ロマン)を語る♪】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。